アラサー主婦の電話占いブログ

最近は毎週のように電話占いで遊んでいます。
そこそこ当たる占いを発見したら紹介しますね。

電話占いとコールドリーディング

2011/10/31(Mon)

02:02:40

占い
スピリチュアル
アラサー主婦
占い
霊界・霊視
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑
好きなの押してネ!
ご協力お願いします!

金曜日にも良く似た内容を書きましたが、いろいろと質問を頂いたのでもう少しコールドリーディングについて書いてみたいと思います。

コールドリーディングというのは、もともと詐欺師やカウンセラーが使う技術で、相手の思っていることを見抜いて信じさせるテクニックのことです。実はこのコールドリーディングを使うインチキ占い師がいるらしいのです。「あなたは最近何かを失いましたね。」というような漠然とした問いかけをして、その反応を細かに観察することで上手に情報を引き出して、あたかも霊能力や超能力で見通しているかのように信じさせる手口です。

ところがこのコールドリーディングの技術は、電話占いでは全くといっていいほど使えないんです。コールドリーディングを成功させる上で、もっとも重要なのは観察力です。問いかけをした時、相手がどのような表情になったか、目の動きはどうか、うなずいたりしたかを会話をしながら観察して、話す内容をその場でアドリブで修正していくのです。一旦は違ったことを言ってしまっても、その瞬間に相手が疑問を感じた雰囲気を鋭く察知して、正しい内容に修正しながら話すのがコールドリーディングなのです。

ですから、相手の声しか聞けない電話占いでは、このコールドリーディングが全く役に立ちません。相手の表情や目の動きなんて無理ですし、最初から年齢や服装すら見えていないのですから。こういうわけで、電話占いではコールドリーディングを使ったインチキが不可能なんですよね。

そうするとインチキ占い師は電話占いを嫌がります。何も視えない人が占いをしても電話占いでは全く会話が続きません。もうクレームの嵐で、すぐに契約を切られてしまいます。そういう占い師は、相手の顔が見えてコールドリーディングがしやすい対面の占いに流れて行くしかないのです。つまり本当に能力のある占い師だけが、電話占いの世界で生き残ることができるというわけです。

これを踏まえて、電話占いで当たる占い師を見つけるとっておきの方法を紹介します。まず、なるべく昔からやっていて、鑑定実績の多い老舗の電話占いを選んで下さい。そしてその電話占いの中で、古くから所属している古株の占い師を選びましょう。わからなくても大丈夫です。普通に電話占いに電話して、「1番古い先生は誰ですか?」って聞けば、古株の先生を教えてくれますよ。ただ、大抵そういう先生は電話口に出た人よりも昔からやっていたりしますので、電話口に出た人も誰が1番古いのかは知らないことが多いですけどね。どうです、簡単な方法でしょ。今度電話占いをする時には是非、老舗の電話占いで古株の先生を選んでみて下さいね。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら