アラサー主婦の電話占いブログ

最近は毎週のように電話占いで遊んでいます。
そこそこ当たる占いを発見したら紹介しますね。

20121107@電話占い日記

遠隔エクソシズム

2012/11/07(Wed)

15:43:58

占い
スピリチュアル
アラサー主婦
占い
霊界・霊視
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑
好きなの押してネ!
ご協力お願いします!

実は、少し前のことですが、とある電話占いの霊能者さんに、「遠隔エクソシズム」と呼ばれる除霊の儀式をお願いしました。今までに電話占いの鑑定は何度も受けたことがありましたが、私も遠隔エクソシズムを受けるのはそれが初めてのことでした。

占いサイトのホームページや広告には遠隔エクソシズムのメニューや料金のような説明は書いてないですし、ちょっとした電話占いの「裏メニュー」みたいなものでしょうかね。まずは現状を鑑定してもらわない限りはエクソシズムを受ける必要があるのかどうかもわかりませんし、結構なお値段がするものですし、あまり一般的ではないから載せてないんでしょうか。

少し前から、体がだるくて、寝る前に息苦しくなったりする状態が続いていて、時々お世話になっている霊能者の先生に相談してみたんです。ちょうどブログをお休みしていた頃のことです。その先生の見立てによると、どうも私はやっかいな生き霊に取り付かれていたらしいんですよね。

霊能者の先生によると、生き霊の主の正体は、珍しい姓の持ち主で、南の島に住んでいて、自分で自分のことを占い師だと思っている年配の女性だとか。邪悪で欲深い魂を持っているらしいです。そんな人物には全く心当たりがないのですが、自称占い師ということは、何かこのブログでその人物に不都合なことでも書いてしまったのでしょうかね。それにしても南の島ってどこなんでしょう。ハワイとかバリ島とか海外なのか、沖縄や小笠原諸島とか国内なのか、それすらわかりません。

それで何とかならないかって先生に聞いてみますと、遠隔エクソシズムのことを教えてくれて、早速お願いすることになったわけです。先生には、金額もそれなりにするし、期間は1〜3ヶ月くらいかかりますよって釘を刺されたのですが、体調の不安と興味から、遠隔エクソシズムをお願いすることに決めたのです。どちらかと言えば興味本位だったのかもしれませんね(笑)。

本当は遠隔エクソシズムをお願いした日に、すぐブログに書きたかったんですが、当時はそんな気力がありませんでしたし、当日に書いたら電話占い会社に私のことがバレてしまいそうだったので、こうやって事後報告になってしまいました。

お願いしてから少し経った後に、護符のようなお守りが送られて来て、それを身に付けておくように言われました。遠隔エクソシズムで祓った生き霊が、また戻ってこないようにするためのものだそうです。それで1ヶ月くらい経ったら、だんだんと調子が良くなってきて、旅行に出かける気力も出てきました。

旅行から帰ってきて、ブログもまた書き始めることができましたし、もう遠隔エクソシズムのことも忘れかけていたのですが、つい先日、ご丁寧に「遠隔エクソシズムの儀式が終わりました。」と報告を頂きました。何だか私が旅行に行っている間にも、遠隔エクソシズムを続けていて下さったのかと思うと、ちょっと申し訳ない気持ちになりますよね。

たぶん、霊能者系の電話占いであれば、この遠隔エクソシズムを行ってくれる所は少なくないと思います。興味がある人は、普段相談している霊能者の先生に聞いてみてはいかがでしょう。もちろん、変な霊に取り憑かれていなければ、「必要ない」って言われるだけでしょうけど。

どうやら取り憑かれるのは人の霊だけじゃないらしいですし、病院に行っても原因不明の体調不良が続く人は、霊障を疑ってみてもいいかもしれませんよ。