アラサー主婦の電話占いブログ

最近は毎週のように電話占いで遊んでいます。
そこそこ当たる占いを発見したら紹介しますね。

20120131@電話占い日記

オセロ中島にモックンが「400万円払え!」

2012/01/31(Tue)

17:43:40

占い
スピリチュアル
アラサー主婦
占い
霊界・霊視
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑
好きなの押してネ!
ご協力お願いします!

オセロ中島にモックンが「400万円払え!」

自称霊能者に洗脳されて同居して全財産を毟り取られているらしいというオセロ中島。今度は家賃を滞納してるらしいです。

しかもそのマンションのオーナーが本木雅弘夫妻だって言うからびっくり。意外にモックンはしっかり資産運用してたんだね〜。

 昨年4月、体調不良を理由に長期休養を発表して以来、表舞台から姿を消し、すっかり“引きこもり”状態のオセロ・中島知子(40)が訴えられようとしている。渋谷区の住宅街に個人事務所を借り、道をはさんだ向かい側には122平米の高級マンションを自宅にしている彼女だが、昨年8月からどちらの家賃も支払っていないというのだ。
 現在、自宅には中島が深い関係になっている自称・霊能者Iが同居。事務所には、Iの母や叔母、その長男など一族が転がり込んで生活しているという。事務所のほうはすでに昨年12月、三菱地所関連会社から滞納家賃約270万円の支払いと立ち退きを求める訴訟を起こされていた。そして自宅マンションについても、訴訟が始まろうとしているのである。
 「その自宅マンションの家主が俳優の本木雅弘さん(46)と奥さんの内田也哉子さん(35)なんです」(不動産関係者)
 モックン夫妻が所有するこのマンションには、ほかにも芸能人が住んでいることで知られる。部屋の管理は大手不動産会社に委託されており、偶然、この一室の借り主が中島だったという関係のようだ。家賃65万円のこの部屋で、彼女が滞納した家賃6カ月。「約400万円を払え!」と、すでに訴訟の準備は進行中だという。

それにしても、オセロ中島に寄生している霊能者って、情報が出なさ過ぎですよね。何でもネットで暴露されてしまう時代なのに。どう考えても詐欺なのに、これだけの事をしておいて逮捕もされないないのも理解できません。誰も助けてあげられないのはどうして?

あと、「事務所には、Iの母や叔母、その長男など一族が転がり込んで生活しているという。」って、これって普通じゃないですよね。一族でそんなことをやるなんて、本当に日本人なんでしょうかね。怖いですねぇ〜。

こんな詐欺師みたいな自称霊能者に引っかかって一族に骨までしゃぶられてしまうなら、普通に庶民的な金額で利用できる霊能者の電話占いでもやってれば良かったのに。

[オセロ中島にモックンが「400万円払え!」]の続きを読む

婦人公論が江原啓之を特集

2012/01/31(Tue)

14:45:55

占い
スピリチュアル
アラサー主婦
占い
霊界・霊視
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑
好きなの押してネ!
ご協力お願いします!

婦人公論が江原啓之を特集

「婦人公論」で江原啓之が特集されているらしいです。サイゾーウーマンの紹介が悪意たっぷりで笑えました。

今号は江原啓之の大特集が組まれています。テレビ界では4年ほど前にBPO(放送倫理・番組向上機構)が「面白さを求めて『スピリチュアルカウンセリング』をPRするような構成・演出は避けるべき」とのお達しを出したため、とっくに手を引いたというのに、雑誌界ではいまだにしぶとく起用されています。その中でもこの「婦人公論」は、代表的なご活躍の場所といえます。ま、数ページのインタビューやコラム程度ならお遊び感覚であってもいいのかもしれません。しかし、巻頭で特集を組み、しかも表紙&グラビアに起用となると編集部の良識を疑わざるをえません。よくよくみたら婦人公論発行元の中央公論新社から江原の書き下ろしが今月発行になったので、そのPRでもあるようです。いろいろ事情があるのでしょうか。

テレビでスピリチュアル系の番組が無くなっちゃった理由って、やっぱり噂通りにBPOからの圧力だったんですね〜。最近ネットで騒がれている韓流ステマの方も同じように圧力かければいいのに。広告業界はやっぱり真っ黒なんでしょうか。

今回の婦人公論は、この江原啓之の特集と、暴力団排除条例の特集もあるそうです。ちょっと読んで見たい気がします。

そういえば最近雑誌を買わなくなりましたね〜。昔は良く雑誌を買っていたのに、最近はパソコンと携帯でインターネットで済ませてしまいますから。雑誌業界は売上も減ってるらしいですし、そのうち雑誌って無くなってしまうかもしれませんね。