アラサー主婦の電話占いブログ

最近は毎週のように電話占いで遊んでいます。
そこそこ当たる占いを発見したら紹介しますね。

20111101@電話占い日記

電話占い愛叶(あいか)

2011/11/01(Tue)

23:28:38

占い
スピリチュアル
アラサー主婦
占い
霊界・霊視
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑
好きなの押してネ!
ご協力お願いします!

電話占い愛叶(あいか)

「当てる」だけでなく「叶える」電話占い

評価: 3.5 by アラサー主婦 (2011-11-01)

電話占い愛叶

名前がそのまんま「愛が叶う」と書く電話占いですけど、「叶」を「か」って読ませるのはどうなんでしょうね。最近は子供の名前でも見かけますけど、送り仮名があって成り立つ語幹を切り取るのは、個人的には美しい日本語を乱す悪しき風潮だと思いますよー。まあ名前への突っ込みはその程度にしておいて、この電話占いはやはりその名前の通り、恋愛専門で営業しているようです、いえ、ようでした。

ちょっと前に見たときは確かに「恋愛専門」って書いてあった気がするんですけど、今ホームページを見たら「専門」とは書いてないんですよね〜。私の見間違いか、それとも昔はそうだったのかはわかりません。でも恋愛関係の占いが中心だってことと、占いそのものだけでなくて、「願いを叶える」「愛を叶える」といった実利の方も重視している点がこの電話占いの特徴です。「彼とはうまく行きません」って言われて終了する電話占いより、「このままだとうまく行きませんが、うまく行くようにするには‥‥」って叶える方向でアドバイスや祈祷などを行ってくれる所がいいんですね。

私は既婚者で家族思いなので、不倫だとか恋愛だとかはもう卒業しましたが、「恋愛専門」じゃなくなったみたいなので今度使ってみようかなって思いました。そう、実はここの電話占いは使ったことないんですよね。いつもの電話占い友達がよく使ってるんですけどね。

ということでこの電話占いではおすすめ占い師の紹介はできません。だって自分で使ったことないんだもん。ホームページを見て雑誌で紹介された霊能者とかを指名するのが無難でいいかもしれませんね。

電話占い愛叶のホームページ

流行りの前世縁診断をやってみた

2011/11/01(Tue)

05:17:30

占い
スピリチュアル
アラサー主婦
占い
霊界・霊視
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑
好きなの押してネ!
ご協力お願いします!

最近『童話で読みとくふたりの前世縁占い』っていうのをネットで見かけました。宮あおいと高岡蒼甫の名前で勝手に占って当たってたらしいです。もちろん占い好きな私もやってみました。

結果は、私はどうやら「白雪姫」らしい、で旦那は「オオカミ」でした。オオカミってどの童話?って思ったけど赤頭巾のオオカミらしいです。

白雪姫

何度も生き返った白雪姫のごとく、前世で何度も助けられていた白雪姫タイプのあなた。今生でも悪運の強さで、助けられることが多そうです。性格は歯切れがよく、明るく爽やかなさっぱり系。ただ、大雑把なところがあり、ここ一番のときの勝負には弱いかも。言葉の裏に隠された真意や、物事の裏側に気がつかないことも多いでしょう。とはいえ、そのあっけらかんとしたところに惹かれ、多くの人があなたの周りに集まってくることに。懐が深く、どんな人とも仲よくなれるタイプです。

オオカミ

狼タイプの彼は前世で、明るく積極的なグループの中心的人物でした。一旦標的を定めたら、「赤ずきん」に登場する狼のように、仕事でも恋愛でも、どこまでも追いかける粘り強さがあります。無鉄砲なところもありますが、彼の自己実現能力はかなり高く、成功もつかみやすいタイプです。しかし強引で手段を選ばない傾向もあるので、多くの支持者を集める一方、敵も作りやすいでしょう。どこか抜けていて最後の詰めが甘いところがあるため、土壇場で成功を奪われることもあります。

相性

ふたりの今生での関係は、彼の一目ぼれから始まるでしょう。ある時は景色のきれいな場所へ連れ出し、またある時には甘い言葉を囁いて、彼はあなたの関心を自分へ向けようとします。あなたも彼の熱心なアプローチにほだされ、交際はスタートします。ただ、幸せのさなか、彼の現在進行形の女性関係が明るみに出て、一気にあなたの熱が冷めるようなこともあるかも。

お〜。私が悪運が強くて助けられるとか、旦那が強引なところとか、二人の恋が旦那の一目惚れから始まるとか、結構当たってるじゃないですか。でも旦那の女性関係で私の熱が冷めるとか、これも当たったら困っちゃいますね。

実際の占いページはこちらですよ。

マヤ暦が終了したらしい

2011/11/01(Tue)

02:05:12

占い
スピリチュアル
アラサー主婦
占い
霊界・霊視
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑
好きなの押してネ!
ご協力お願いします!

マヤ文明で使われていた太陽暦の長期のカレンダー「マヤ暦」。これが今年2011年の冬至付近で終了するということで話題になっていました。具体的な日付の解明はされていないものの、一説によれば2011年10月28日がマヤ暦の最終日であったのではないかと言われています。一部の人々はこのマヤ暦の終了が人類の滅亡を意味するとも考えていたようですが、10月28日という説が正しければ、もうマヤ暦が終了してから3日間も経過するということになりますね。それでもまだ人類は無事に生き残っています。まあ無事とは言っても、東日本大震災やら民主党やら放射能やらで日本は瀕死の状態ですけどね。

スピリチュアル好きな私はこのマヤ暦の終了という話題にはかなり興味を持っていたのですが、ちょうど10月28日前後はいろいろと他のことで頭が一杯で、今日になってようやく思い出しました。気がつけば何も起こらずに終了。そういえば1999年のノストラダムスの予言の時もそんな感じで終了しましたけど(笑)。

普通に考えればカレンダーが終了するから世界が終了するってのも無理のある理屈です。今私たちが使ってるカレンダーだって毎年終了するわけですからね。また次の年になって最初から新しいサイクルが始まるだけですから、マヤ暦だってそういうものだと思います。