アラサー主婦の電話占いブログ

最近は毎週のように電話占いで遊んでいます。
そこそこ当たる占いを発見したら紹介しますね。

20111028@電話占い日記

電話占い霊雲(れいうん)

2011/10/28(Fri)

23:34:48

占い
スピリチュアル
アラサー主婦
占い
霊界・霊視
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑
好きなの押してネ!
ご協力お願いします!

電話占い霊雲(れいうん)

高知県の正統派霊能者の電話占い

評価: 4.5 by アラサー主婦 (2011-10-28)

電話占い霊雲

今回紹介するのは四国の高知県にある電話占い霊雲です。もともとこの電話占いの母体は、四国で対面式の心霊相談をやっていた霊能者団体みたいな所らしいです。電話で呼ばれれば霊能者が自宅に訪問して、心霊関係の相談を受けたり、問題を霊視したり、時には浄霊や除霊などを施したりする昔ながらのやり方をしていました。

ところが最近になって、流行りの電話占い業界に参入してきたようです。もともと霊能者がいて、相談を受けてて、電話で依頼されていたわけですから、ある意味では元から電話占いっぽいことをしていたわけなんですけどね。高知県だし、いざなぎ流と関係があるって噂も本当かも。

それから所属する霊能者の人数もちょっと増えました。でも昔からいる霊能者と、最近になって増えた霊能者、名前の付け方にちょっと違った特徴があるみたいですよね。一覧を見ると何となく「ああ、この霊能者は昔から居るグループだね」みたいにわかっちゃったりします。

ちなみにここの電話占いで私が推薦する霊能者の先生は、男性なら長岡ジンメイ先生、女性なら糸鏡先生です。ここに所属している霊能者は基本的に「占い師」って感じより「霊能者」って雰囲気が強いので、半分お遊びで電話をすると何だか申し訳ない気持ちになってしまいます。本来なら霊障とか、生き霊のトラブルとか、そういった真面目な深刻な相談を専門でやっている感じなので、「不倫相手の気持ちがわからない」みたいな俗っぽい相談を聞いてもらって本当にいいのでしょうか、と、ふと疑問に思うことがあります。まあホームページにも「不倫」とか書いてあるし、気にしなくていいんですけどね。

電話占い霊雲のホームページ

盛り塩してますか?

2011/10/28(Fri)

05:52:36

占い
スピリチュアル
アラサー主婦
占い
霊界・霊視
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑
好きなの押してネ!
ご協力お願いします!

友人の妹さんの自宅を訪ねたら、玄関に綺麗な円錐の盛り塩がされていました。見た目は今どきのギャルなのに、歳も20代前半なのに、専用のお皿に綺麗に盛られた粗塩を見てびっくり。ちゃんと盛り塩を固める道具まで持っているそうです。最近の若い子はそういう盛り塩みたいなものには興味なんてないでしょって思ってたんですけど、人は見た目によりませんね。

昔、ヒドい彼氏とトラブったことがあったそうで、その時に友達から何かに憑かれているんじゃない?って言われて霊能者に相談したとか。それでいろいろと試したらしいんだけど、盛り塩だけは今でも続けてるんだって。

そういえば盛り塩の作法って意外と知られてないですよね。盛り塩だけまとめたサイトなんて少ないし。でも今だと盛り塩を固める道具も、それっぽいお皿も、粗塩も、みんなインターネットで買えちゃう便利な時代です。ちなみに盛り塩のやり方を詳しくおさらいしたい人は、この盛り塩の作法を見てみて下さいね。捨て方はどうするの?とか、分量は?とか、気になる疑問が解決しますよ。

電話占いは厳しい世界

2011/10/28(Fri)

02:34:13

占い
スピリチュアル
アラサー主婦
占い
霊界・霊視
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑
好きなの押してネ!
ご協力お願いします!

占いの館とか、デパートの占いブースとか、街頭にいる占い師とか、いわゆる対面占いの占い師と、電話で占う電話占いの占い師の一番大きな違いって何だか知っていますか。それは得られる情報の量なんです。電話占いの占い師は、得られる相談者の情報が圧倒的に少ないんですよね。

たとえば対面占いであれば、相手の顔つきや表情、服装や持ち物、そして話をする時の目の動きや身振りや仕草を見ることができます。一方、電話占いでは相手の声や話し方しかわかりません。この違いというのは占い師側にとってみれば非常に大きな違いなのです。

霊感占いや霊視、水晶玉を使った占いなど、特殊な能力が必要な占いでは、相談された内容について鮮明で細かな部分までを見通せる能力が必須になります。ところが、占い師の中にはぼんやりとしか見通すことができなかったり、酷い場合には全く何も視えない占い師もいるのです。そういう能力不足を補うのがコールドリーディングと呼ばれる手法です。

コールドリーディングというのは、相手の外見や持ち物、そして特別な問いかけに対する相手の表情や身振り手振りなどの反応を細かく観察し、占いや特殊な能力に頼ることなく相手についての情報を言い当てる技術のことです。

ところが、電話占いでは相手の外見も表情も、仕草も全く見れませんから、このコールドリーディングの手法が全くと言っていいほど使えないのです。結婚指輪をしているかどうかや、派手好きかどうかや、そもそも年齢すら観察することができないのです。

このため、能力のない占い師が電話占いをしようとすると、全く占いができない状態になってしまいます。電話占いの世界は、占い師にとって、コールドリーディングなどの技術でごまかしのできない厳しい世界だと言えるでしょう。ごまかし無しでは商売にならない占い師は、しぶしぶ占いの館などの対面占いに戻って行くしかありません。

このような厳しい電話占いの世界で「当たる」と言われている占い師や霊能者は、まず本物だと考えて間違いないでしょう。そういう占い師と電話をしている時、電話越しなのにまるで近くで視られているような会話になるとゾクゾクしますよね。この感覚がクセになって電話占いにハマる私みたいな人、結構多いんじゃないでしょうか。